FD3SのDIY ジャッキスタンドの使い方

ジャッキスタンド、ウマ、安全スタンド、リジット・ラックなどと呼ばれます。
以下手順です。

▽フロアジャッキでジャッキアップ

▽乗せる位置は車載ジャッキの時と同じ

▽ジャッキスタンドに乗せる
乗せる時はゆっくりがオススメ!勢いよく乗せると、車体側の板がつぶれます。

▽安全確認
車体を揺すってみる。車体がグラついたり、スタンドから落ちたりしなければOK!(スタンドから落ちたら大変ですね!(; ・`д・´)まず、落ちる事は無いと思います。)

▽作業が終わったら、逆の手順で元に戻す

▽参考動画

【商品紹介】

私がアパートで普段使っている物です。折り畳めるので、スペース取らなくて助かります♪


私が実家で使っている物です。ワンタッチで使いやすいです♪


アルミ製のジャッキスタンドです!ジャッキスタンドって地味に重いんですよね。。持ち運びに不便。。「アルミなら軽いかも!」と思って探しました。でも、1基500gくらいしか軽くならない。。

FD3SのDIY フロアジャッキの使い方

フロアジャッキやガレージジャッキと呼ばれる道具を使って2輪同時に持ち上げる方法を紹介します。ジャッキスタンドにFDを乗せ、下にもぐって作業する場合、このフロアジャッキでの2輪同時上げが必要になります。

【用意する物】
用意する物は3種類あります。

フロアジャッキ(ガレージジャッキ)x1

タイヤ止めx1

スロープx4

【作業手順】

▽スロープにFD3Sを乗せる

↑参考動画です。
4輪全て上げるなら、4輪同時にスロープに載せて下さい。

▽車止をセット
前輪を上げるなら後輪、後輪を上げるなら前輪のスロープ上にセットします。

▽フロアジャッキをセット
フロアジャッキ用のポイントにセットします。
FD3Sのポイントを分かり安く解説した動画がありました。

▽ジャッキアップ
ジャッキアップして下さい。

▽元に戻す
作業が終わったら、逆の手順で元に戻します。

【作業のコツ】
◆車高が低くてフロアジャッキが入らない時
「スロープ」を使います。

◆車高が低くてフロアジャッキが入らない時【裏技】
パンタジャッキを併用します。パンタジャッキで片輪を持ち上げてスペースを作ります。
私はスロープを買ってないのでいつもこのやり方です。事故を起こした事はありませんが、安全ではないので良い子はマネしないで下さい。

【ツール紹介】

最低位80mm☆最高位330mmのローダウンジャッキ!しかし、80mmなのは先端だけで、他は普通。FDのフロアジャッキポイントは1mくらい奥だから、先端だけ低くても意味がない。FD用なら最高位が大切!330mmだとタイヤ交換ギリギリ。。


最低位133mm☆最高位387mm。これがオススメ!値段も安いし、最高位も結構ある!あと軽くてメルティックのやつより1kg軽い。


高級なヤツ。これがあれば高く上げられるから凄く良いけど、値段も高いし、20kgは重い。。手で持って運ぶのツライ。広いガレージがある方はぜひ!

簡易リフト
これがあれば最高です!うちには置くスペースがありません(泣)

FD3SのDIY 車載ジャッキの使い方

ジャッキアップは、FD3Sに限らず、車のDIYの基本だと思います。ジャッキアップが出来ないと、車高調交換はおろか、タイヤ交換すら出来ません。(^^;)

自動車教習所でタイヤ交換のやり方を習うので、日本のすべてのドライバーは出来るはずなんですが、忘れている人が多いのが事実です。

 

◆用意する物

今回は車載工具を使うので必要な道具はありません。

しかし、FD3Sの車載工具は、とても軽量で人気があり、転売されている可能性があります。その場合は、純正をヤフオクで落とすか、以下のような商品を購入して下さい。(フロアジャッキがあれば必要ない。)

ちなみに、私のFDは車載工具はありましたが、スペアタイヤがありませんでした。これも軽量で人気があります。

 

◆参考サイト

ジャッキアップを分かり安く解説したサイトを紹介します。

参考サイト1

参考サイト2

 

◆参考動画

1輪だけジャッキアップの動画を紹介します。


◆FD3S車載工具で1輪だけジャッキアップ

・平らで、アスファルトなどの固い所にFDを停める

・MTは1速、ATはパーキングにギヤを入れる

・車載工具を取り出す
トランクの運転席側にジャッキと車止が収納されています。

・車止をセット
ジャッキアップするタイヤの対角線にあるタイヤにセットする。例:右前輪なら左後輪の後方にせっと。左後輪なら右前輪の前方にセット

・パンタジャッキをセット
パンタジャッキ用のポイントにパンタジャッキをセット。
FDのセットポイントは、切り欠きではなく、板が2ヵ所隆起していて、その間にセットします。

・ジャッキアップ
パンタジャッキのハンドルを付け、回してジャッキアップする。

・元に戻す
逆の手順で元に戻します。

 

ジャッキポイントの合わせ板が広がり、車載ジャッキがセットできない事があります。その時は、ペンチや万力で広がった合わせ板を元に戻して下さい。

車載ジャッキのジャッキポイントは、ジャッキスタンドを使用していると広がってきてしまいます。